MENU SEARCH

IoTは女性の時代! 電子工作女子 矢島佳澄さんの「しっぽコール」製品化までの道のり

Share on FacebookTweet about this on Twitter

保手濱です。みなさん、“電子工作女子”こと矢島佳澄さんを覚えていますか?

意味なんかなくていい!思いのまま電子工作を続けてきた女の子は、唯一無二の存在になった
その1 http://mazecoze.jp/cat3/4139
その2 http://mazecoze.jp/cat3/4160
その3 http://mazecoze.jp/cat3/4174

こちらの記事(特に2回目)を公開したら「何この子!」「めっちゃ気になる!」とまぜ研界隈ですごい反響でした。

好き勝手色んなものを作ってきた結果、起業したり大企業さんとのコラボでミラノサローネに出ちゃったりしている矢島さんですが、今彼女が目下開発中なのが「しっぽコール」というもの。しっぽの形をした女性のための防犯グッズです(詳しくは「その3」をご覧ください)。これの本物が見られるということで、「IoT女子会」なるものに潜入してきましたよ!

製品化前のIoTが体験できる貴重な機会!

IoTとは、Internet of Things。インターネットに繋がった便利なモノたちのこと。今回は「しっぽコール」はじめ、製品化前のIoTが集結したイベントだそう。

私、色んなIoTを取材したり、IoT機器「まごチャンネル」のメディアやったりしているのに今更気づいたことがあります。 何か製品を開発するとき、今までなら完成させて生産体制に入った段階でやっと発表する流れだったと思うのですが、最近の人たちは製品化する前に発表してお金や情報を集めるものなんですね。

だから私たちも機会さえあれば、開発中のモノを見たり体験したりできる。アイディアに共感すれば製品化までを追いかけたくなるし、応援したくなる。
もちろん「しっぽコール」も製品化前の段階。maze研でも俄然応援しちゃいます!

矢島さんが入居するシェアオフィス「DMM.make AKIBA」さんが主催する「IoT女子会」は今回で5回目。イベントは外苑前にある日本オラクルさんの広〜い社食で開催されました。なんかテクノロジーのイベントっぽくないおしゃれ感です。

コーヒーやお菓子もありましたよ

回を追うごとに参加人数が増えていっている人気イベントだそうで、会場には女性がなんと70人も!
もちろん最新のIoTを見たいという方もいますが、ご自身での起業を検討している方も多いそう。

女性ばっかりずらーっと!

今、IoT開発や起業に興味を持つ女性がとても増えているとのこと。矢島さんはそうした流れの一端を担う存在なのでしょう。
矢島さんいましたよ〜。

みんな大好き矢島さんを発見

お客様にしっぽコールを説明中

トークイベントでは開発者の方がどんな思いで作られたのかなど、貴重なお話が聞けました。

それぞれ開発を始めたきっかけも会社の体制もバラバラですが、それでも今はメーカーとして起業するハードルがとても下がってきているんだなーと。
主催者であるDMM.make AKIBAさんのシェアオフィスには、レーザーカッターや3Dプリンタだけでなく、CNCや環境試験機まで常備。モノづくり系スタートアップがたくさん入居しているので、アイディアさえあれば相談しながら開発できて、ある程度目処がついたら投資家やVC(ベンチャーキャピタル)などから資金を調達! ぼやっとでもそういう道筋が見えているのは、一歩踏み出す勇気につながるのではないかと思います。

こちらは矢島さんと一緒にしっぽコールを開発している奥出えりかさん。開発チームは全部で4名です。

進化を遂げたしっぽコールを体験!

いよいよ体験タイムです!矢島さんたちのブースにはすごい人だかりが。みなさんすごい熱意で話を聞いています。

今回しっぽコールの見た目に大きな変化が。もともとファー素材だったものが、よりスマートなデザインに。
より多くの人に受け入れられるデザインをということらしいです。

新しいデザインイメージは来場者限定で公開されていました。私みたいなおばちゃんでも抵抗なく付けられそうなので、発表を楽しみにお待ちください!

今回はプロトタイプを実際に体験してみることができました。
夜道を歩いていて、「……なんかあとをつけられてる?」と不安になったら、バッグに付けたしっぽコールをぎゅっと握りましょう。

右のやつがしっぽコールのプロトタイプ

するとあら不思議。バッグの中の自分のスマホから着信音が鳴り出します! こうすることで、あとをつけていた人物も我に返ったり、警戒するはず。もし気のせいや勘違いだとしても着信音が鳴るだけなので問題はありません。

襲われたときに警報を鳴らすなどして対処するグッズはたくさんありますが、こうして「未然に防ぐ」ものってあまりないそうです。未然に防げるのが一番ですもんね。

で、「いよいよやばい!襲われる!」となった時はしっぽを引き抜きます。
するとしっぽコールからは警報音が鳴り、さらにあらかじめ登録しておいたLINEグループに位置情報を知らせるメッセージが届きます。

元に戻すと位置情報も遮断されます。

グループに家族や親しい友人を登録しておけば安心ですね。これ、ほんとに女性じゃないと思いつかない製品ですよね。 IoTに興味を持つ女性が増えることで、まだまだ便利なものが増えていきそう!

しっぽコール、現在商品化に向けて絶賛開発中! またレポートいたします!


しっぽコール http://shippocall.com/
DMM.make AKIBA https://akiba.dmm-make.com/
日本オラクル株式会社 https://www.oracle.com/jp/index.html

Share on FacebookTweet about this on Twitter
キーワード:テクノロジー, モノ
研究員の記事を読む
2018.06.21
「練馬を世界の中心に」UDトーク青木さんもやってるシビックテックって何?【後編】
2018.06.14
「練馬を世界の中心に」UDトーク青木さんもやってるシビックテックって何?【前編】
2018.06.04
IoTは女性の時代! 電子工作女子 矢島佳澄さんの「しっぽコール」製品化までの道のり
2018.04.18
意味なんかなくていい!思いのまま電子工作を続けてきた女の子は、唯一無二の存在になった(3/3)
2018.04.12
意味なんかなくていい!思いのまま電子工作を続けてきた女の子は、唯一無二の存在になった(2/3)
さらに見るプロフィールを見る
ページトップへ戻る