MENU SEARCH

第1話:「ダイバーシティって何ですか?」

Share on FacebookTweet about this on Twitter

ダイバーシティコラムはじめます!


こんにちは。mazecoze研究所のひらばるです。
当研究所では、普段フリーで活動する研究員が「まぜこぜ」を合言葉に集い、メディア運営や各種コミュニケーションのプランニングなどをしているのですが、一方で「メンバーの人たちなにやってるか謎!」という声もちらほら。
うん、わかります。私も相方のほてはまが普段何やってるかあんまり知りません。

その謎解き(釈明)のためにも、今更ながら自身の活動について書いていく場を設けようとなりまして、それがこのコラム「ダイバーシティめぐり」です!

ところで突然ですが、「ダイバーシティ」という言葉や意味をご存知ですか?
ここ数年でよく耳にする言葉ではないかと思うのですが、ダイバーシティを直訳すると、「多様性」。

私は「ダイバーシティプランナー」として2012年に独立し、ダイバーシティを起点にしたプランニング事業に取り組んでいます。

プランニングといっても、イベントやワークショップをしたり、フィールドワークをしたり、取材したり書いたり、いろいろ。

どんなことをしているのかと言うと、たとえば社会課題の解決策を多様性を起点に考えたり、いろんな人やものをつないだり、外に向けて発信したり。
説明が難しいしちゃんとできるかわかりませんが、こちらで具体的に書いていけたらと思います!

独立当初よりも、ダイバーシティ関連のお声がけや取り組みははるかに多くなり、社会の変化に伴って企業の人も街も「ダイバーシティ」との関わり方に悩んでいるなぁと感じています。

「ダイバーシティ」と小声で叫び続けて十数年

そもそも私がダイバーシティに目覚めたのは、小学生の頃。
知的障害のある年下の女の子と友達になったことがはじまりでした。

一時期、彼女が毎日私の膝の上で授業を受けるという不思議な体験をしてから、子どもながらに「違う」ことへの好奇心や「なんで?」が芽生えたのです。
私自身にも、いま思えば「普通のことが当たり前にできなかった経験」がいくつかあって、「なんか生きにくいなぁ」とうっすら感じていたことが、彼女と出会ったことで強烈な興味に変わり。

それから高校ではろうの親友と出会い手話を学び、大学でもいくつかきっかけを得て、新卒で入社した人材教育の会社ではみっちり8年間「ダイバーシティ事業の推進」に携わりました。
ダイバーシティ歴だけでいえばかれこれ20年以上!?

「手話で行う新入社員研修」の講師をする若かりし日の私。ヒョウ柄のワンピ、よく怒られなかったなー。。

就職した会社では、障害者雇用・ユニバーサルデザイン・バリアフリーという切り口から、企業における障害者雇用推進のしくみづくりや研修企画、書籍の編集・マニュアル制作などをしていました。
独立してからは、ソーシャルデザイン、働き方、暮らし方、ウェルフェアトレード、子育て、農業、地域包括ケア、Iot、スタートアップなどなど、人だけではなく社会の多様性にも目を向けたテーマへと活動が広がっています。

もちろん、mazecoze研究所もそのひとつ。
娘が生まれてすぐ、知人を介してほてはまと巡り合い、「mazecoze」=まさにダイバーシティ! という言葉を発見して、取材を通じていろんな人に会う中で、ある確信が生まれました。

これまでと違った想像力やコミュニケーションで、居心地の悪い境界線を超えていくためには、多様であることが絶対に必要だ、と。
当研究所は一見好きなことばっかりしているゆるふわな活動ですが、自分にとっては新しい知恵をインプットして行動力を身につけることができる、気づきの宝庫だったりします。

色々な解釈あれど、私が思うダイバーシティ

では、ダイバーシティってなんなのか。
最近では、ダイバーシティ&インクルージョンとも言いますね。私が思うダイバーシティは、

ダイバーシティ

  1. 多様性(人、環境、社会、価値観など)
  2. 多様性の享受(自分の多様性を受け容れ、他人の多様性を認めること)
  3. 多様性からの価値発信(多様な人材や視点を活用していろいろな課題を解決したり、社会に活力を生み出したりするしくみづくり)

「多様であること」そのものではなく、3の違いを通じて価値や選択肢を作りだすことこそ、私がやりたいダイバーシティ。

新卒で入社した会社の内山社長からは、ダイバーシティのことだけでなく社会の常識からお酒の飲み方まで教えてもらいました。ステーキ&ワインが似合う!

前職の内山社長から口を酸っぱくして教えてもらったのが「ダイバーシティの根っこにあるのは、ノーマライゼーション(誰もが生きたいように生きられることこそあたりまえという考え方)と人権の尊重」ということ。

当時はなかなか頭に入ってきませんでしたけど、今になってやっと「それぞれが自分であれる世界を、いろんな方法でいろんな人たちと生み出そう」という感じに捉え、噛みしめているところです。

思い込みまっしぐらに伝えていきます!

あんまりダイバーシティダイバーシティ言ってもアレなので、知識っぽいのはこれでおしまいです。
多様性の入り口はどこにでもあって、自分の琴線に触れたところを接点に、社会のどんな課題が解決できるか、どんな良いことを起こせるかというのが、私のやるべきこと(たぶん)。

このコラムでは、私や仲間たちがこれまで行動してきたことや個人的な視点をもとに、ダイバーシティについて紐解いていけたらいいなと思っています。
ついでに、あと数日で二人目出産につき、自分も多様な当事者の一人として、生活や仕事がどんな様子に変わるのか。

そんなこんなも、こちらで書いていきたいと思います!

Share on FacebookTweet about this on Twitter
キーワード:ダイバーシティ
研究員の記事を読む
2017.11.08
土偶女子代表の譽田亜紀子さんが教えてくれた、土偶と縄文時代に学ぶ、いまを生きる力
2017.10.18
第1話:「ダイバーシティって何ですか?」
2017.05.19
「NO RULE」でアメーバー。不思議なトライアングルが織りなす、Barbara Poolのつながり方。【後編】
2017.05.11
「NO RULE」でアメーバー。不思議なトライアングルが織りなす、Barbara Poolのつながり方。【前編】
2017.05.01
煎り酒悠久物語 其の一 正田醤油の物語
さらに見るプロフィールを見る
ページトップへ戻る