MENU SEARCH
2016.04.07│研究テーマ:ダイバーシティひらばる れな

人が、渋谷が、東京タワーが、青に染まった!
世界自閉症啓発デー「Walm Blue Day」レポート

IMG_3344web

車椅子のアスリート・上原大祐選手(アイススレッジホッケープレーヤー/バンクーバーパラリンピック銀メダル獲得)、GOMESS(自閉症ラッパー)、LGBTのモンキー高野さんとパートナーの高島由美子さん、ゴスロリちゃん、長谷部健さん(渋谷区長)、サンリオキャラクター「ポムポムプリン」や東急線キャラクターのるるん等、約20名の色とりどりの人たちがハチ公前に集合!

こんにちは。mazecoze研究所のひらばるです。
4月2日、東ちづるさん率いる一般社団法人Get in touchの「Warm Blue Day2016」に参加してきました!(詳細はこちらへ )

世界自閉症啓発デーのこの日、NY、パリ、ロンドンなど世界中の街が、自閉症をはじめとする発達障がいへの理解を深めるため、「癒し」や「希望」を表すブルーにライトアップされます。Get in touchでは、自閉症の人たちが持つあたたかさと重ね合わせてこの日を「Warm Blue Day」と命名し、毎年さまざまなイベントを開催しています。今年の中心地は、渋谷!

大集合!同じ「青」をまとった多様な人たち

IMG_3295

午前10時過ぎ、渋谷ハチ公前には青い服を着た人たちがわんさか集合していました。東ちづるさんのお隣には、おそろいのTシャツを着たハチ公も!自閉症の人だけでなく、さまざまに違った特性や魅力をもつ人が、同じ青い色を身につけて報道陣の前でチーズ!

早速青い人たちに、声をかけてみました。

IMG_3334

先日の取材で素晴らしい歌声を聴かせてくださった、全盲のシンガー佐藤ひらりさんと、ブラインドサッカー日本代表の加藤健人選手!
 


りこちゃん

写真提供:おがたりこさん

MAZEKOZE Art展にも素敵な作品を出展しているダウン症のアーティスト、おがたりこさん&メッセージソング「Get in touch!」を歌うガーナと日本のミックス YANO BROTHERS(「Get in touch!」YANO BROTHERS+Get )。
 

IMG_3361

ボランティアの学生さん。学校で障がい者福祉やソーシャルデザインについて学んでいるのだそう。当日は約300人がボランティアとして参加!
 

IMG_3392

友人に誘われて参加したというデフ(ろう者)の皆さんと「I Love You」の手話で。右端のオシャレなGenさんは、この後青いカツラで仮装してました。

あたたかい青、つながる青

blue

写真提供:東ちづるさん

人だけではありません。渋谷駅、東京タワー、渋谷区仮庁舎、世田谷区庁舎、都庁、ハーレー等々、あれもこれも気持ち良いくらいに街が青く染まり……。

「渋谷は日本で1番に同性パートナーシップ条例を定め、パートナーシップ証明書の交付を行うなど、多様性社会をめざす街。だから今年のステージに選びました。誰も排除しない社会、どんな特性があっても安心して自分らしく生きられる社会は、障がいがある人だけでなくすべての人にとって絶対的にラクだと思います」
という東さんの言葉どおり、「Warm Blue Day」は多様な人と社会が広くゆるくつながる1日でした。

まぜ研でもこの取材をきっかけに、「手話部」の立ち上げが決まるなど、さらにまぜこぜしております。素敵なきっかけをくださった東さん、イベントを盛り上げてくださったみなさま、ありがとうございました!

イベントは、まだまだ続きます。ぜひご参加ください!

イベント情報

・MAZEKOZE Live(4月9日14時〜)
・MAZEKOZE Talk(4月16日14時〜)
・MAZEKOZE Art展は(4月18日まで)
詳細は

一般社団法人Get in touch

研究テーマ:ダイバーシティ
研究員の記事を読む
2020.03.13
クラウドAIで視覚世界を伝えるアプリ「Seeing AI」。開発物語と活用方法を聞きにマイクロソフトへ!
2020.02.08
「チョコレートで魔法をかける」。多様な作り手が連携して生み出す久遠チョコレート
2020.01.31
ソーシャルデザインの鍵は、誰かのためにと自分のためにをかけあわせた持続可能性
2020.01.24
『自然農法 わら一本の革命』で世に一石を投じた福岡正信氏の哲学はいま。福岡正信自然農園 三代目園主 福岡大樹さんに聞きました
2020.01.10
新年のご挨拶。よろしクッキー名刺もおいしく焼き上がりました。
さらに見るプロフィールを見る
ページトップへ戻る