MENU SEARCH

第1回:まぜ研ボスの手作りごはんと仕事道/株式会社ゼオ代表取締役 黒井宏昌さん

Share on FacebookTweet about this on Twitter

IMG_1233

念願だった食べる系コラム、はじめます!

IMG_1153

お店でも店員さんでもございません! ゼオのオフィスと社長の黒井さんです!

こんにちは。食べることばかり考えている研究員のひらばるです。
「ダイバーシティ(多様性)を起点におもしろい社会をつくる!」と鼻ふんふんさせて独立してからはや5年。編集者としていろいろな企画・執筆にかかわりながら、最近では好きが高じて「衣食住」も業務内容にするっとまぜ込み、公私混同街道まっしぐらで活動しています。

そんな私のコラム「まぜごはん」は、
1、ひらばるが気になる人のもとへ押しかけ
2、手作りごはんを食べさせてもらいながら
3、できることならお酒も一緒にいただきつつ
4、その人にまつわる話をあれこれ聴く
という欲望の塊のような内容。
輝く人の陰においしいものあり!というのが私の持論なのですが、食べることは生きることだし、手作りごはんは究極のプライベート。そこにまざり込めたなら、その人の一歩深いまぜこぜ道に触れられること間違いなし、と都合良く考えております。

記念すべき第1回目のゲスト(なのにホスト)は、当研究所の運営会社・株式会社ゼオ代表取締役の黒井宏昌さん!オフィスでおいしいものを作ってくれるということで、マイ・ワイングラスにカヴァ持参で押しかけてきました。

12874243_837073769752308_840309994_o

「まぜごはん7つ道具」その1:マイ・ワイングラス&お手製アタッシュケース。
夫に「これゴミ?捨てていい?」と素で言われて憤慨。

ゼオさんがどんなことをしている会社だかはじめて知った件

IMG_1196

恵比寿にある、アジト的な趣のゼオ社屋。地下にはシェルターもあるとか。完璧に黒井さんの趣味。。

実は私、黒井さん率いるゼオさんの事業内容を詳しく知らなかったんです。そこで、仕込み中の黒井さんに取材を開始!
ゼオは、黒井さんが26歳のときに立ち上げた、空間プロデュース等のマーケティング・コミュニケーションを行う会社でした。設立時はバブル真っただ中で、
「空間プロデュースっていうだけで、巨大なディスコ会場をつくるとか、寝ていても大きな仕事が舞い込んでくるようなむちゃくちゃな時代。まっとうな商売の仕方を忘れちゃいかんなと思って、うちは企業向けのビジネスをはじめたんだよね」と黒井さん。
その後、大企業から続々声がかかり、空間づくり、イベントプロデュース、映像制作や販促プロモーションなどなど幅広く手がけてきました。現在設立28年目で社員数も50名を超えるゼオさん。人が集まる空間を通じて、トレンドやコミュニケーションを生み出す年季の入った今風の会社です!!

IMG_1220

ゼオの歴史を語る黒井さん

そして、ゼオのマーケティングチームとして立ち上がったのが、まぜこぜ研究所なんです、実は。私たち研究員はメディアの記事を書くだけでなく、マーケティングとかプランニング的なお仕事もちょろりとしていたり。そのへんの話はまたいつか、他の誰かが!

ボス、はやくおいしいもの食べさせてください!

FullSizeRender

まぜこぜ研究所決起会も兼ね、外部研究員やデザイナーさん、カメラマンさんも一緒に集合!

そんなまぜこぜ研究所のボス、黒井さんの料理がすごいんです。いつもプロ顔負けの手料理がFacebookにアップされてるなぁと思っていたら、ほんとにプロでした。
「机上の空論になるのがいやで、自分でもいろんな店をつくってみたわけ」と黒井さん。空間プロデュースの仕事には、店舗やフードコートなどの設計も含まれますから、リアルな情報を得るために、おやじのおでん屋、天然酵母のパン屋、スペインバルなどなど、その地域や顧客層のマーケティングリサーチをしながら、さまざまな店舗経営を展開してきたそうです。
おでん屋にいたっては、黒井さんが自ら出汁を取り、練り物まで仕込んでいたのだとか。もちろんゼオの経営もあるので、さすがにキツかったのだそう。よく社員さんに怒られなかったですね!

IMG_1157

とりあえず、かんぱーい! 自分だけマイ・ワイングラスで失礼します。

黒井さんがこの日食べさせてくれたメイン料理は、パエリア! 普通のそれとは違います。なんと出汁には、生ハムの豚足から取ったスープストックを使用し、さらに何種類もの魚介の出汁を合わせ、大きなパエリア皿に入れてダルマストーブでことこと煮込みます。ちなみにまだ寒かったその日、たまたま社内の暖房が壊れ、パエリア出汁香るストーブが社員さんを暖めておりました。

IMG_1185

ストーブの上でぐつぐつ一歩手前のパエリア。

IMG_1230

できたよー

パエリア完成~。いただきます!……なんっつうおいしさでしょう……。複雑な味わいの出汁、つやつやもっちりの米、お焦げもばっちり!黒井さんがスライスしてくれた厚切り生ハムも、オリーブオイルがすでに美味しいタパスもおすすめのお店のパンも、ぜんぶおいしくって。途中から、取材とかどうでもよくなってしまってごめんなさい。
持参したカヴァ3本はあっという間になくなり、会議室にあったオシャレな冷蔵庫から一同ビールを取り出してぐびぐび呑むという有り様。黒井さん、お行儀悪くてすみません。でも、いろいろ止まらないおいしさでした。

IMG_1257

あっという間に、パエリア皿がすっからかん。

ちなみに黒井さんのご自宅はゼオさんのすぐ隣にあって、気まぐれで作る「オレの社員食堂」は、家で仕込んでから会社で仕上げ、社員さんと食べるのだそうです。これぞ職住近接のマゼコゼスト!

「大人のインターンシップ」を開催するかも!?

IMG_1237

黒井さんのいま興味あるテーマは「地方創世」なのだそう。

パエリアの出汁として骨の髄まで味わった生ハムの豚足ですが、そもそもはゼオの新卒採用インターンシップにて、参加者の懇親会で振る舞われたものなのだそう。
「でも、ゼオさんみたいな会社がどんなことしているのか、新卒じゃなくても体験したい人いっぱいいるはずですよね。転職を考えてる人とか、フリーターの人とか」と話していたところ、
「ちょっと年いっちゃってるけど、まだまだやるぞって気概ある人を集めてインターンシップやってもおもしろいかもね、1日くらいでがっつり」
お、黒井さんまんざらでもないご様子。ということで、もしかすると近々ゼオさんにて大人インターンシップを開催するこ とになるやもしれません!
「3次元のことをしながら1次元を大切にできるような人がいいね」とおっしゃる黒井さん。この言葉にピンと来た方は、ぜひご注目ください。インターンシップの開催が決定しましたら、まぜこぜ研究所のwebサイトでもご案内いたします。

IMG_1264

また、必ずうかがいます。。

黒井さん、まぜごはんごちそうさまでした!さあ、次は何食べよう。

Share on FacebookTweet about this on Twitter
キーワード:食べ物
研究員の記事を読む
2017.11.08
土偶女子代表の譽田亜紀子さんが教えてくれた、土偶と縄文時代に学ぶ、いまを生きる力
2017.10.18
第1話:「ダイバーシティって何ですか?」
2017.05.19
「NO RULE」でアメーバー。不思議なトライアングルが織りなす、Barbara Poolのつながり方。【後編】
2017.05.11
「NO RULE」でアメーバー。不思議なトライアングルが織りなす、Barbara Poolのつながり方。【前編】
2017.05.01
煎り酒悠久物語 其の一 正田醤油の物語
さらに見るプロフィールを見る
ページトップへ戻る