MENU SEARCH

mazecoze(まぜこぜ)研究所は、いろんなものの境界線をまぜこぜにしながら、未来を拓く働き方・暮らし方のヒントを探る知恵の場です。

悩めるお父さんお母さんへ。「PTAを面白がる会」開催しました!【後編】

Share on FacebookTweet about this on Twitter

【前編】はこちら
【中編】はこちら


こんにちは。まぜ研保手濱です。
お前いい加減後編書かないと季節変わって写真に違和感出るぞと方々からツッコミをいただきまして、重い筆をあげております。色々な意味で様々な方面から注目されているらしいこちらの連載、後編です。

改めて説明。「面白がる会」は「ブレストの会」です!

みなさんわかってると思いますが、単純に「やーいやーい」って面白がって(からかって?)終わる飲み会ではございません!より良くするためのヒントを(飲みながら)探る「ブレストの会」なのです!!
というわけで、意見交換と先輩方の事例を聞いたあとは、Aチーム・Bチーム・Cチームの3つに分かれてブレストタイムに突入です。

主催の唐品さんから出された今回のお題は
「みんなが参加したくなるPTA」

ブレストにあたってのルールはこれだけ。

  • 人の意見を否定しない
  • 難しい言葉を使わない
  • 偉そうにしない
  • 思いついたアイディアをどんどん発表

素敵なスライドを作っていただきましたが諸般の事情によりモザイク処理をかけています

なんかこのルール、まんまPTAに当てはめてもいいんじゃないかと思いましたが。さておきブレストのスタートです。
PTA活動は、よその事例を見る機会が非常に少なく、ひとつの学校の中での常識にとらわれてしまいがちです。そんな中でも、少しでも良くしたいと悩んでいる参加者のみなさんが、とても楽しくPTA活動をされている先輩方の事例を聞き、「自分たちの学校でもできるかも」と希望を持つことができました。
その上でのブレストなので、(お酒が入っていることもあり)各チーム本当に白熱しました!

アイディア発表タイム!

そしていよいよ各チームの発表です。それぞれ真剣に考えた魅力的なアイディアが出てきましたよ!一部をご紹介します。

  • PTA総会をお祭りにしちゃう!
    →堅苦しいPTA総会を楽しくしちゃえば参加率があがるかも?
  • お金を出せば役員をやらなくていい
    →忙しい人は寄付をすればお役御免、その分活動費が増える!
  • 任期を3ヶ月・半年・イベントごとにする
    →仕事の事情などで「1年は無理だけどこの時期だけなら参加できるのに!」という方のために、短期参加のシステム!

  • PTAだけ9月始まり
    →新年度と同時期のスタートで、新1年生は訳わからないうちに総会に突入、という事態を避けるため
  • PTAの仕事に子どもも参加する
    そもそも子どものためのものであるPTA、お仕事体験の意味でも、子どもと一緒に取り組むとより良くなるのでは?
  • 在校生の親以外も役員にする
    →地域とのつながりが欠かせないPTA。6年で抜けてしまう在校生の親のみでなく、地域の人々も巻き込んで子どものために活動するチームに!

見守る主催者と先輩
  • やめたくなったら途中でもやめていい!
    →状況が変わりやすい子育て時期、「1年間続けねばならない」と、尻込みしがちなもの。いつでもやめられるなら気軽に参加できるかも!
  • 全員ヒラ!(会長や部長など上下関係を生む役職を作らない)
    →フラットに楽しめるPTAに!
  • 来賓には何も出さない(もしくは呼ばない)。
    →イベントごとの来賓への接待業務に対する疑問は多く出されていました

会長の口癖が「い〜よ〜それで〜」。意味わからないアイデアも頻出しました
  • PTA役員になると職員会議に参加できる!
    →授業内容や指導方法などに直接意見ができる。まあ何かインセンティブがあるといいのではというアイディアですね
  • 男性50:女性50の組織に
    →現在ほとんどがお母さんだけで運営されているPTA。共働きの多い今の時代は男女平等に!
  • 集まらない!!
    →平日昼間に招集される集まりが負担、という意見が多くありました。スカイプ会議するのもありかも!?

現状の課題を楽しくフラットに解決するためのアイディアがたくさん出てきましたね。もちろんこのまま採用するのは現実的に難しいかもしれないけれど、それぞれが持ち帰り、各学校のPTAが少しでもいいものになるきっかけとなれば嬉しいです!

尚、Cチームの発表が面白かったのでご紹介です。

自信満々なCチーム代表

PTAに対抗してPTBを作る(PTCもある)

入学するときにPTAとPTBのどっちに入るのか迫られる

学期ごとに「PTAvsPTB」何かしら戦う
例:騎馬戦in運動会。騎馬戦前にはマイクパフォーマンスバトル

勝ったほうの公約が通る

最終的にはPTA会長とPTB会長が抱き合って終わる

気がつけばPTCどこいった?

PTCがPTBに付くとか言い出す

PTAどうする?

校長が困る

地域の人もPTAとPTBに分かれる

最終的には、よくわからなくなる

20年後、うちの小学校にはPTAとPTBがあったんだよって大人になった子どもたちが自分の子どもに話す

そして伝説へ

Fin.

鉄拳ばりにスケッチブックめくりながら発表してくれました!どうもうまくできてるなあと思ったら、中編で事例をお話ししてくださった杉山さんが放送作家さんらしいです!ズルイな〜!まあ半分ふざけつつも、PTBを作るって、お互いの刺激になるし、いいかもしれませんね!

大好評だった「PTAを面白がる会」、また開催したいと思います〜!


「PTAを面白がる会」のfacebookグループができました!他校の事例をヒアリングしたり、相談したり、PTAにまつわる活発な意見交換が行われています。是非ご参加ください!
PTAを面白がる会_facebookグループ

Share on FacebookTweet about this on Twitter
キーワード:イベント, 子育て, 暮らし
研究員の記事を読む
2017.07.05
悩めるお父さんお母さんへ。「PTAを面白がる会」開催しました!【後編】
2017.06.26
どうにも解決できないその悩み、〝モヤモヤフルネス〟かもしれません!
2017.06.08
悩めるお父さんお母さんへ。「PTAを面白がる会」開催しました!【中編】
2017.05.22
悩めるお父さんお母さんへ。「PTAを面白がる会」開催しました!【前編】
2017.04.21
「欲しいもの全て無料でどうぞ」机も椅子もベッドまで!?ハウスメーカーがお宝配布イベントを開催したワケ。
さらに見るプロフィールを見る
ページトップへ戻る