MENU SEARCH

「不幸を未然に防ぐ」発想が「まちづくり」へと発展!
損害保険一筋のシステム会社がつくった人と地域をつなぐアプリ。

Share on FacebookTweet about this on Twitter

wonderdigup

こんにちは。mazecoze研究所のひらばるです。
先日友人から「地域活性をテーマにしたとあるアプリがユニークなんですよ〜」という話を聞いて、このところアプリづいていることもあり、開発元である株式会社B-Prostさんにお話をうかがってきました!


「保険」を違った見方で捉えたら、アプリができた!

0517

お話ししてくださったB-Prostの魚住憲治社長(中央)と、アプリ開発チームの田中さん(右)、リアウさん(左)

そのアプリとは「DIG UP!NIPPON」と「WONDER!NIPPON」。地域情報を投稿したり(DIG UP!)、検索したり(WONDER!)できる、姉妹アプリなのです。

1

DIG UP!NIPPONWONDER!NIPPON

失礼ながら私の第一印象は、「最近増えてきた観光アプリのひとつかな」というもの。ところがB-Prostさんは、アプリ開発の専門ではなく、本来損害保険のシステム開発・保守・コンサルティングを担う会社でした。自動車保険や火災保険などのシステム開発を行う企業さんが、一体なぜ観光アプリの開発に踏み出したのでしょう。そこには、なんと壮大な道のりがあったのです。

0039-2

ご自身も損害保険のシステム開発一筋30年という魚住社長

「保険というものは、人の不幸が発生してから保険金をお支払いするというしくみですから、“ご不幸産業”とも言われています。けれど、広義で“保険”を捉えると、“不幸を未然に防ぐ”こともその内ではないかと。近年、子どもたちが行方不明になるなどの痛ましいニュースを見るたびに、事件を未然に防ぐシステムを作ることができないだろうかと考えてきました」と魚住社長。

そんなある日、日本こどもの安全教育総合研究所の理事長から、「いま見守りのシステムにはいろいろなものがありますが、どのサービスも事前と事中が対象です。事後のフォローまでできるようなものを考えられませんか?」と、あたためてきた思いを後押しするような発想を得たのだそうです。
事後とはつまり、連れ去られた、あるいは行方不明になった際に役立つもの。早速社内のメンバーとともに、子どもなど被保護者に小さなBeaconデバイス(半径数十メートル範囲に個体識別情報を発信する装置)をつけて、位置情報を管理するアプリ「imacoco!search」を開発。有事の際には、保護者がSNSで「このアプリでこの人を探してください」と拡散すれば、アプリをダウンロードした人がスマホから捜索要請されたBeaconを検知できるようにしました。つまり、ダウンロードする人が多ければ多いほど、捜索機能が発揮されるしくみです。迷子防止の見守りと、困った時には捜索要請。事前から事後まで寄り添いたい、そんな社長の思いが結実して初めてのアプリが完成しました。

imacoco

imacoco!search

「有事の際にimacoco!searchを拡散させ、多くの人に協力してもらうためには、アプリ自体の認知度を高めることが不可欠」と考えた魚住社長は、サポーターとなり得るユーザーへのベネフィットに視点を当て、次なるアプリ開発に乗り出します。それが「imatoku!search」でした。

imatoku

imatoku!search

「imatoku!searchは、情報とBeaconの関連づけを行い、アプリをダウンロードした人が情報を発信するお店の近くを通ると、商品情報やクーポンが届くというものです。お店にとっては集客になり、様々な立場の人にメリットがあることで、結果的にimacoco!searchの普及にもつながると考えました。こうして、どんどん保険とは違うジャンルに突き進んでいったわけです(笑)」
本業として取り組む保険を「不幸を未然に防ぐ」という切り口で捉え、命を見守る「imacoco!search」と、そのサポーターを増やすために「imatoku!search」を生み出したB-Prostさん。まぜこぜ具合が絶妙です!

誇りと自信を持てる地域づくりに貢献

0944

アプリの使い方を教えてくれる開発特命専任チーフの田中さん。取材中の様子をその場でDIG UP!(投稿)

ここまできて、未だ本題アプリ「DIG UP!NIPPON」と「WONDER!NIPPON」の話になっていないという……。これらのアプリが生まれるまでに、さらにどんな飛躍があったのでしょう。

「またまた紆余曲折ありまして(笑)imacoco!searchとimatoku!searchをインバウンド推進に向けて使いませんか? と各行政に紹介していたんですね。たとえば、外国人宿泊客にホテルでBeaconを貸与すると、不慣れなまちでも迷子の不安が軽減するし、万一迷子になってしまってもサポーターに助けてもらうことができますよと。また、imatoku!search には自動翻訳機能が付いていますので、お店が日本語で情報をアップすると、それをキャッチした旅行者が、自分の言語に変換して見ることもできます」

行政に向けてアプリを伝えていく中で、行政や自治体が抱えるある課題が見えてきたと言います。
「多くの行政や自治体では、インバウンド対策の観光アプリやパンフレットをすでに作っていました。ただ、そこで紹介されているお店やスポットはすでにメジャーなものばかり。情報を掲載するためには掲載料がかかるので、小さなお店やスポットの情報はほぼ掲載されません。でも、人の営みがあるところには必ず観光資源があるのです。だったら地域に住む人たちが自分のまちについて、あらゆる角度から情報発信できるボトムアップ型のアプリを作ろう、と思いました」

0697

「DIG UP!NIPPON」と「WONDER!NIPPON」にたどり着くまで、もうあと少し!?

そしてついに生まれたのが、地域情報発信アプリ「DIG UP!NIPPON」。発信者が個人と団体(自治体・企業など)にレイヤー分けされていること以外は実にシンプル。地域のことなら自然、グルメ、神社仏閣、飲み屋などなんでも発信することができます。そしてそれを、世界中から閲覧できるのが、相方の「WONDER!NIPPON」というわけなのでした。

0330

手に持つのは、島根県津和野町の紹介スポット地図。

「地元住民も知らないような、美しい里山の夕暮れや、鳥が何万羽も飛び立つような光景、あるいは子育て支援スポットや地元の隠れた人気グルメに気づいている人が発信すれば、それを見ることで、地域への理解や愛着がより深くなるのではないでしょうか。また、情報を発信するには、自分から調べ、見聞きすることも必要になります。その過程で、まちの歴史や建物の奥行きも見えてくる。それが、地域への誇りにつながっていくのではないかと考えます」

tsuri

魚住社長の趣味は釣り! 様々な穴場スポットを熟知されているそう。「その情報はまだDIG UP!していません。釣り場が荒らされるのが嫌なので。それが一番の困難かも笑」

それって観光アプリの枠を超えて、「一人ではじめられるまちづくり」とも言えるのではないでしょうか。魚住社長も「そこに暮らす地域住民の方々にとっても有益な情報を届けられるものなので、観光アプリだけの役割ではもったいないと思っています」とおっしゃいました。

初期コスト・運用コストゼロ!

0855

「WONDER!NIPPON」で、遠いふるさとの地域情報を検索できる!さらに、アプリ開発当初の目的を引き継いで災害時情報や避難場所への誘導機能も搭載。

これまで紹介した4つのアプリは、どれも無料! 初期コスト0・運用コスト0で情報発信できるのですから、自治体や企業で使わない手はありません(※コンテンツ制作、運用は各地域でしていただく必要があります)。これまであまりお披露目の機会がなかった既存のパンフレットを掲載する、イベントやニュースを簡単にアップデートできる、個人が発する情報とコラボレーションするなど、「公私混同」な地域情報を発信できる魅力。「観光予算が少ない小さな自治体にこそ使って欲しい」のだそうです。現在、幾つかの自治体での導入が進み、地域のNPOが運営を担うなど、人と人、人とまちとの新しいつながりが生み出されています。

0811

アプリの開発チームは日本では4人。上海のグループ会社で働くメンバーと連携しながら進めている。

最後に、アプリを通じた今後の展望について教えてもらいました。
「ユーザーの皆さんには、地元の魅力を掘り起こしてどんどん投稿していただきたいですね。アプリをたくさんの方にご活用いただけるようになったら、地域に限定したeコマースにも取り組みたいと考えています。スマホから生活用品をオーダーすると、それを見て地域のお店の人が配達してくれるようなしくみを作り、車の運転が難しいご高齢家庭の生活を支援したりすることで、地域の消費活動を活性化することにもつなげられたらいいなと。情報発信の方法次第では、シャッター商店街も蘇る可能性があると考えています」
本業の強みを通じた地域活性の素敵なモデルになりそうですね!

アプリはすでにダウンロードできますが、現在怒涛の最終調整を重ね、正式ローンチは11月1日の予定とのこと。B-Prostさん渾身のアプリを使って、身近なところからまちづくりをはじめてみませんか?
今回、アプリの詳しい使用方法にまではふれられませんでしたが、近く情報発信のページも立ち上がるそうなので、改めて報告します!

0786

最後に恒例の記念写真〜。ひらばるの隣は、アプリのブランディングを担うBarbara Poolの福留さん。これまた素敵な方!

(撮影:山田憲史 取材・文:ひらばる れな)


●アプリ情報
DIG UP!NIPPON
WONDER!NIPPON

imacoco!search
imatoku!search


●企業情報
株式会社B-Prost
Share on FacebookTweet about this on Twitter
研究員の記事を読む
2017.11.08
土偶女子代表の譽田亜紀子さんが教えてくれた、土偶と縄文時代に学ぶ、いまを生きる力
2017.10.18
第1話:「ダイバーシティって何ですか?」
2017.05.19
「NO RULE」でアメーバー。不思議なトライアングルが織りなす、Barbara Poolのつながり方。【後編】
2017.05.11
「NO RULE」でアメーバー。不思議なトライアングルが織りなす、Barbara Poolのつながり方。【前編】
2017.05.01
煎り酒悠久物語 其の一 正田醤油の物語
さらに見るプロフィールを見る
ページトップへ戻る