MENU SEARCH

第2回:夫婦のカラダ組成丸ハダカ! ダイエットカウンセリングを受けてきました

Share on FacebookTweet about this on Twitter

体組成計と計測でカラダの現状を知る

「夫婦で人生最後のダイエットをしよう」と決意した私たち。まずはお互いのカラダをダイエットという見地から徹底的に解剖しよう!ということで、以前クックパッドさんの取材時に教えていただいた「cookpad ダイエットラボ 銀座店」さんのお試しカウンセリングに行ってみました。

IMG_1621

「cookpad ダイエットラボ 銀座店」さん突入前に夫婦で1枚。夫は会社員につき、お面にて失礼します。

店舗に入ると個室のカウンセリングルームがあり、計測ルームで夫と交互に計測をしていただきます。計測用のウェアに着替え、体組成計に乗ったり撮影したり……。
体についた筋肉や脂肪の量を計測してくれるのが体組成計。まさに、体が二重の意味で丸ハダカにされるわけです。どうすればより健康に近づけるかは人それぞれ。その「それぞれ」は体組成によってしっかりとわかる、ということのようです。
現状を見せつけられ、暗い気持ちになる一瞬です。しかし、現実を直視しないと何も始まりません……。

IMG_1654

計測前に夫婦でアンケートに答え、日常生活での習慣や病歴などを申告します。カラダ組成と合わせてカウンセリングのベースになります。

今回なによりもショックだったのは、結婚の少し前から急激にお腹が出てきた夫に「痩せなきゃ」「痩せなきゃ」と口うるさく言っていたのですが、夫は去年の春に受けた健康診断の後少しずつ体質改善していたこと。
激務の会社から転職し、社食のあるオフィスで働くようになったのでお昼は外食の「肉だけ」「ごはん大盛り」「味付け濃い目」などの不健康要素てんこ盛りではなくなりました。さらに私が「間食は最低限に」「甘い飲み物はダメ」と言ってきたのを守り、危険な状態からは少しずつ脱していたようです(まだまだですが)。

IMG_1671

腹囲を測られ、メタボ診断をされている夫。お腹は一時期よりもかなりへこんだようですがまだまだメタボ域にいる模様です。

というわけで、体組成表の結果を見ると、夫と私のメタボ情報はほとんど同じ傾向を示している!!
夫が健康に近づきうれしいはずの妻が、暗い情熱を燃やしたのは言うまでもありません。絶対に見返してやる……!
と、涙目になったところで夫婦別々のカウンセリングルームへ。

IMG_1692 IMG_1694

涙なしには見られない、飾りなしの私の体型。いつもむくんでいる脚と、腰回りの肉が段になっている後ろ姿が特に泣けます。

DSC_1529

これも涙なしには見られない、夫婦の体組成表。体型の傾向と組成が似すぎていて笑えます……。

私の課題は「筋肉を減らさず痩せる」

私の現状としては

  • とにかく太った
  • 元からむくみ体質だけど薬を服用してからもっとひどい
  • パソコンに向かって原稿を書き続ける毎日。ひたすら運動不足
といった問題が自分でも自覚しているところです。
カウンセリングを担当してくださった管理栄養士の猪木さんにひとつずつ相談してみると、やっぱり専門家でないとわからないことをたくさん教えてくれました。
  • 太ってしまったことは解決したほうがいいけど、短期的なダイエットは筋肉量を落とす
  • 体組成計では筋肉は標準をさしているが、体重・体脂肪が高い状態をさしている、これは体重体脂肪のわりに筋肉量が少ない状態。分かりやすく言うと、体脂肪を支えるための筋肉がついているということ。
    (これ衝撃の事実! ご存知でしたか? 毎日鉄下駄を履いてトレーニングしてる感覚ってことですね)
  • 筋肉量は間違ったダイエットでは減りやすく、筋肉が減ると太りやすいリバウンド体質になるから、減らしちゃダメ
  • 消費カロリーが多くなる運動も大切。ただし、間違った方法では筋肉量を落とすだけのものになるので、正しい食事とあわせると効果的。
  • 最初はカロリーを気にするよりも食事のバランスに注意するべし。塩分の摂り過ぎにも気をつけて

ダイエットにつきもののお悩みについても聞きました

それと、私は太っても顔に肉がつくのが最後で、痩せるときには顔から痩せてしまうタイプなのです。これも、

  • 食事バランスが悪く
  • 栄養不足の状態で痩せる
  • 短期で痩せる
のが原因かもしれないとのこと。
なるほど。そこまでやったのは10代のときだけだけど、リンゴダイエットやバナナダイエットのように食事のバランスを無視した「単品食べ」で急激に痩せると、人相が変わっちゃうんですね。

むくみ対策としては、「水分はどんどん摂ってください」と猪木さん。
え?カラダが排出しきれない水分がむくみになるんじゃないの?
「むくみの元になる水分も、カラダには必要なんです。血管の中をめぐって栄養やエネルギーを運ぶ役割を持っています。血管は同じ方向に何本も走っていますが、1本の血管が水などで少し膨らむことによって平行している血管が押され、水が送り出されます。この動きがないと水の動きは滞ってしまいます。だから、お水は飲んでくださいね」

納得の説明! 飲むのは水か、カフェインを含まない茶色いお茶(麦茶やほうじ茶、ルイボスティーなど)がいいそうです。

ここまで聞くと、なんとかなりそうな気がしてきました。
夫の方のカウンセリングは? 夫婦でダイエットに取り組むなら、子どもの食事はどうする? こんな疑問については、次回引き続きご紹介します!

Share on FacebookTweet about this on Twitter
キーワード:健康, 暮らし
研究員の記事を読む
2017.01.19
【後編】たわしの使い方は自分次第。仕上げまで手作業の『棕櫚(しゅろ)たわし 極〆(きわめ)』
2017.01.13
【前編】なめらかな触り心地は上質さの証。亀の子束子の『棕櫚(しゅろ)たわし 極〆(きわめ)』
2016.05.02
第2回:夫婦のカラダ組成丸ハダカ! ダイエットカウンセリングを受けてきました
2016.03.22
第1回:これが最後のダイエット
2015.12.29
育児しながらブランド商品企画開発! 暮らしと仕事mazecozeの達人・加藤 里佳さんの働き方
さらに見るプロフィールを見る
ページトップへ戻る