MENU SEARCH

あなただけの自由を後押しするメディア

社会や人の「まぜこぜなあり方」を探り、多様なかけ合わせから生まれる知恵で新しい価値を作る実験の場です。

生きていく上で私たちの間には、実にたくさんの「境界線」が存在しています。職種や肩書き、住んでいる場所や家族構成、好きな食べ物や色、ペットは犬派?猫派?・・・挙げるとキリがありません。

こうした境界線がなるべく少ない相手と一緒にいるほうが、居心地がいいし、疲れない。でも私たちは、もっと面白い、新しい世界を見てみたいと考えてしまうのです。

少し勇気がいるし手間がかかるけど、境界線の向こう側にいる人たちの話を聞き、語り合い、一緒に何かを作りたい。それが、ものすごい早さで変わって行くこの世界で、よりよく生きることにもつながると思うのです。

私たちはこれを「mazecoze」と名付けました。
mazecoze研究所は、mazecozeなあり方のために必要な、これまでと違った想像力やコミュニケーションを探るべく、 自身もまぜこぜに生きている研究員たちがさまざまな手法で実験検証していく場です。

研究員

保手濱 歌織 (ほてはま かおり)

ブランディングプロデューサー / クリエイティブディレクター / 時短研究家
ファッション大手の通販カタログの総合ディレクションを担当後、独立。デザイン制作会社を経営する傍ら、東日本大震災の復興支援団体の立ち上げ、シェアオフィスや撮影スタジオの運営、全国の街づくりに関わるなど幅広く活動している。3児の母。
記事一覧はこちら

平原 礼奈(ひらばる れな)

クリエイティブディレクター / ダイバーシティプランナー / ライター
hullabaloo代表 / PRe Nippon共同代表
ダイバーシティ(多様性の推進)と衣食住をテーマに、書籍やWebサイトの編集・ライティング、企業や地域でのワークショップなどを行う。ソーシャルデザインプロジェクト「PRe Nippon」の立ち上げにも携わり、全国の福祉事業所と連携したものやしくみづくりのディレクションも推進している。2児の母。
記事一覧はこちら

外部研究員

石田 恵海(いしだ えみ)

1974年生まれ。オーベルジュ開業準備中&編集ライター
「雇われない生き方」などを主なテーマに取材・執筆を続けてきたが、シェフを生業とする人と結婚したおかげで、2011年に東京・三軒茶屋で「Restaurant愛と胃袋」を開業。子連れでも楽しめる珍しいフレンチレストランだと多くの方に愛されるも、家族での働き方・生き方を見直して、2015年9月に閉店。山梨に移住し、新たにオーベルジュとして開業する準備に、3歳と4歳の年子男子のかあちゃんとしても奮闘中!
Restaurant 愛と胃袋
記事一覧はこちら

あだち先生

株式会社あだちのYEAH代表取締役 / アナログゲームマスター
京都出身、1歳男児の母。仕事のご依頼を受けるとド派手なピンクの衣装に身を包みアナログゲームマスター「あだち先生」に変身! 人数や用途に合わせてゲームを選別現場まで持ってルール説明をするアナログゲームのケータリング! その名も「おでかけゲームマスター」として、あちこちのホームパーティーに登場。 近年では、東京おもちゃ美術館などのイベントを始め、企業研修、ブライダルなどアナログゲームを使ったイベントを提案、企画まで行い、 舞浜の商業施設イクスピアリのメインステージでは、アナログゲームを作るワークショプを展開し、のべ1000人を動員。
記事一覧はこちら

ぐろ

東京生まれ東京育ち。主婦、歯学博士、顔面肩甲骨上腕型筋ジストロフィーのお笑いコンビ「エログロナンセンス」のネタ担当、共用品ネットメンバー等々ジャンルの異なる肩書きが混在する奇跡のマゼコゼスト?趣味飲み歩き。
記事一覧はこちら

ページトップへ戻る